ソロキャンプへ行こう

ソロキャンプを応援するおっさんのブログ。
道具の選定もしてます。まとめ記事もたまに掲載。

リンクフリー、コメントを頂けたら相互リンクもします。

励みになります、ポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへ

以前にアクアリウムの話をしました。

アクアリウムにはフィルターは必須です。

外掛けやワンタッチ等たくさんの種類がありますが、おすすめは外掛けです。

何より簡単だからです。


テトラ オートワンタッチフィルター AT-50



テトラ オートワンタッチフィルター AT-60



テトラ バイオバッグ お買得6個入 エコパック



テトラ バイオバッグ3 1お得パック4袋



コツは水槽のサイズよりちょっと大きめを買う事です。

これにより水が長持ちします。




励みになります、ポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへblogramで人気ブログを分析 

セレブなソロキャンパーの方、御用達?

超冷え冷えクーラーボックス、KRクールボックスです。

保冷剤を入れておけば、なんと3日間も冷え冷えです。

保冷力は普通のクーラーボックスの42倍!


新型!内面ステンレスタイプ KRクールBOX-S 20LNS 高機能保冷剤セット オンリースタイル 最強 冷え冷えセット!



電源不要で長持ち!

災害用として買う方もいるそうです。




励みになります、ポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへblogramで人気ブログを分析 

ソロキャンプ用ならこちらのハードクーラーボックスをおすすめします。

28Lでホイール付きです。

満タンに入れてもカラカラと持っていけます。


キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) リガード ホイールクーラー28L ブルー M-5281



ちょうどいい大きさ。

ちょうどいい重さ。

そんな感じのジャストサイズってヤツです。



励みになります、ポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへblogramで人気ブログを分析 

ソロキャンプでハードケースを使用するとなると、相当量の食材と飲料が入るかと思います。

まあ、大は小をかねるという言葉は、ソロキャンプにおいてはクーラーボックスに当てはまるかと思います。

このクーラーボックスはホイール付きで持ち運びが楽です。


キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) リガード ホイールクーラー48L ブルー M-5059



しかも48Lの大容量。

ファミリーも大丈夫です。



励みになります、ポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへblogramで人気ブログを分析 

ソロキャンプの時ってクーラーボックスに悩むと思います。

実際、30Lを越えたらハードの方が持ち運びはしやすいかと思います。

ソフトケースは30L越えて、フルに入れると相当重いです。

車で行くなら、あんまり問題はないですけどね。

って事で、こちらはかなり大きめ。

35Lも入れば、食材もビールもたんまりでしょう。


キャンパーズコレクション シルバークーラーバッグ(35L) YZS-3048L(BSL)



ソフトケースだとこの辺りが限界かと思います。

これ以上はハードの方が便利。



励みになります、ポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへblogramで人気ブログを分析 

Amazonのクーラーボックスカテゴリーで不動の一位です。

THERMOS 保冷ショッピングバッグ 22Lはしっかりしていて大容量。

それでいて保冷が効いて、使用しない時はペチャンコになります。


THERMOS 保冷ショッピングバッグ 22L ネイビー RDL-022 NVY



THERMOS 保冷ショッピングバッグ 22L レッド RDL-022 R



デザインも洗練されていて、かっこいいです。

ショッピングマイバッグとして使っている方もいるほどです。

しゃれおつなソロキャンパーにおすすめです。




励みになります、ポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへblogramで人気ブログを分析 

埼玉県の毛呂川沿いにあるキャンプ場です。

芝と砂利と選べます。

芝は5200円、砂利は4200円と砂利の方がお得。

ここの凄い所は、全サイトAC電源付きでこの値段です。

キャンプ場のちょうど中央に炊事場、トイレ、シャワー等がまとまっています。

そんなに混んでいないキャンプ場なので穴場的ですね。

芝のサイトはプライベートサイトで木でブラインドしてあります。

砂利の場所はブラインドは特にありません。

どちらも10×9の広いサイトです。

砂利を選ぶ時は、マットは必須ですかね。

結構、地元のキャンパーが多いようです。

ゴミは分別すれば、全て捨てられます。



毛呂山町ゆずの里オートキャンプ場




励みになります、ポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへblogramで人気ブログを分析 

↑このページのトップヘ