さてさて。

今日は火起こし機です。

ぶっちゃけ、必要ないかなぁって思っていたのですが、炭壷の方が欲しかったんですよね。

まあ、そしたら付いていた方がいいかなぁって。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 大型火消しつぼ火起し器セット M-6625


んで、届きました。

意外にコンパクトです。

DSC_1324

DSC_1326

DSC_1327

しっかりとロックしてあります。

これなら不意に引っくり返しても平気そうです。

中を開けてみます。

DSC_1328

DSC_1329

火起こし機が出てきました。

通常はコレを入れた状態で炭を入れて、次の時にそのまま取り出せばマッハで火が付きますね。

各パーツは以下の通り。

DSC_1330

炭はどれくらい入るのでしょうか。

まあ、炭の形のランダムさにもよりますが3kgは入らないかもしれません。

火起こし機の取っ手を出してみます。

DSC_1331

うむ、しっかりと作られているので、持った時にグラグラする事は無さそうです。

炭壷を置く台も結構、しっかりと作られています。

DSC_1333

これがあると何かと便利そうです。

ストッパーも付いており、安定しております。

DSC_1335

火起こし機を戻してみます。

取っ手があるので、どうはまるかなぁ・・・。

DSC_1336

DSC_1339


なんと、あの状態から綺麗に収まりました。

まあ、実際に炭が入っていたら、そうならないと大変なんですけど・・・w

ぴったりと作られていますね。

蓋を閉めます。

DSC_1343

おろ?

若干、開いていますが誤差の程度。

中に空気は入っていないようです。

つまり、蓋を閉めると酸素が無くなり消えるという仕組みです。

台を上に取り付けます。

DSC_1344

DSC_1345

これで締めると、ぴったりと蓋が閉まりました。

いいですね、完璧です。

さて、最後はキャンピングベッドです。

キャンパーズコレクション キャンピングベッド C272-4(GY)


DSC_1348

届いた時に、思いました。

これは、傷付くなぁって。

むき出しなんですよね、金具の部分が。

DSC_1357

ちょっと入れ方を間違えたら、車の中が傷付きます。

収納ケースとかも入っていませんでしたので、毛布とかダンボールとかでガードする必要がありそうですね。

また、ちょっと粗悪品でした。

DSC_1359

ここだけでなく、他の所にもチラホラこのようなブツブツがあり、使用するには問題はないようですが、ちょっと・・・ねぇ・・・。

まあ、安物なので使えれば文句は無いです。

って事で組み立て。

DSC_1360

DSC_1361

おぉ。。。

これ、超いいかもww

冬は寒いからアレですけど、春とかこれだけで寝ちゃいそうです!

って事で、一応今回届いたのはここまで!

DSC_1362


一番右のはボウリングボウルですw

よし!

もう行けるだろ、これで。

いくぞー!


励みになります、ポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへblogramで人気ブログを分析