焚き火の注意事項

焚き火の注意事項

キャンプと言ったら焚き火!

そういう人も多いかと思います。

しかし、この焚き火には様々なルールがありますので、キチンと守って行いましょう。

燃え易いモノの近くではしない、風下を確認する

テントやタープの近くでする時は注意です、火の粉で穴が空きます。

また、食材が入れてあったゴミなどはよく燃えますのでご注意を。

風下に誰かのサイトがあったら気を付けてくださいね、あまり煙をモクモクさせると苦情が入るかもしれません。
また水分を含んでいる薪、炭などは煙が凄い出ますので注意。
肉、魚の脂も煙を出します、適度に調整しましょう。

有害なモノを発生させるモノを焼かない

発泡スチロールやプラスチックなどは燃やさないようにしましょう。

最近のビニールは燃やせたりしますが、あれは高温で一気に焼くので、焚き火程度の火では有毒ガスが出る場合がありますので注意です。

消灯時間後はしない

朝まで焚き火が出来る所もありますが、基本的に消灯時間が決められている所はキチンと守りましょう。

消灯後に焚き火をするのはご法度です。

また、火元は完璧に消してから寝るのが当たり前です。

もし、放置でもして飛び火したらあなたの責任になります。

燃やし切るか、水をかけるかして必ず火元を消してから寝ましょう。

許可された場所、時間で行う

焚き火は土や芝生に大きなダメージを与えます。なのでキャンプ場で許可された場所以外では絶対にやってはいけません。

最近、ブッシュクラフトなどが流行っていますが、勝手に人様の山に入って行っている人も多くいます。
山火事になったら大変です、特に冬場は乾燥しているので危険を伴います。

許可された場所、または許可を取った場所で焚き火を行いましょう。

後始末はキチンと行う

就寝する時、撤収する時、絶対に火が消えた事を確認してください。これが出来なれば焚き火をやる資格はありません。

燃えクズの放置などもってのほかです。

必ず、来た時と同じようにして帰りましょう。

ここらが焚き火をする際に絶対に守らなければならないルールです。

焚き火は簡単に言えば危ない遊びです。

その事を重々受け止めてください。

楽しいキャンプはルールを守ってこそです。




励みになります、ポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへ

キャンプQ&Aカテゴリの最新記事